スポンサーリンク

ワードプレスへ移行時の苦労やトラブル、対応策等②【cocoon】

ブログ運営

前回の内容はこちらから

ワードプレスへ移行時の苦労やトラブル、対応策等①【cocoon】
ライブドアブログからワードプレス【cocoon】へ移行しました!その際に発生した問題点やその対応策等についてまとめています。

移行の根本部分である過去記事や過去記事内の画像については、ライブドアブログでバックアップしたものをインポートするだけで、簡単に移行が出来ました。

画像については、参考にしたブログ上面倒な手順が必要という記載がありましたが、そんな手続きも必要なかったんですよね。拍子抜けというか。

ということで、メインの過去記事は簡単に移行できたのですが、細かい部分で面倒な個所やトラブルがありました。記憶があるうちに、そのあたりをまとめていきたいと思います。

まず、前提としてワードプレス移行前にグーグルアドセンスの審査は通っていました。また、ワードプレスの移行後に、グーグルアナリティクスとサーチコンソールに登録をしました。

ブログ立ち上げ間もない状態だと特に有益な情報も得られませんが、今後設定することになるのであれば、ブログ移行のタイミングで全部完了させてしまおうという判断からです。

発生した問題点とその対応法

SSL化対応

何が問題だった?

ライブドアブログの問題点の一つが、SSL化していないという点です。2020年春対応予定ではあるようですが。SSLとは通信の秘密が安全に守られている状態のことであり、対応している状態だとURLの先頭部分がhttps:と最後にsがつきます。一方、未対応のサイトはhttp:になります。

Googleの検索でもhttps化しているサイトの方が検索に引っ掛かりやすくなっていたりと、httpのままにするメリットはほとんどありません。ライブドアブログでは自分でSSL化対応することはできないのですが、自分でサーバーを立ち上げた場合には、自分で作業することでSSL化することが出来ます。大体いまはサーバーの方で設定できるようになっているのでは?と思います。

どのように対応したか?

ロリポップの無料SSLを適用しました。いつも通り、ほかのサイト頼みなのですが、下記のサイトを参考に手続きを進めていきました。

ロリポップで無料独自SSL化(https)をトラブルなく行う手順 | サバが教えるレンタルサーバー選び方講座
突然ですが、ロリポップでwordPressをインストールして作ったサイト(ブログ)に無料独自SSL化(https)は済ませてありますか?※独自SSL化していたら、URLの最初がhttpsなり鍵マークがつきます。もし、作ったサイトを独自SSL化(https)していないと、ブラウザのURL欄に上記図のように「保護されていな...

ロリポップの管理画面から無料SSLが簡単に設定することが出来ました。最終的にSSL化が完了しているか否かについては、自分のサイトを見た際にURLの前に🔓マークがついているか否かで判断します。https化しているのに、🔓マークがつかないこともあり、その場合はSSL化が完了していない状態となります。

www.の有り無し

何が問題だった?

これも検索すると出てくるのですが、https://の後に、www.という文言がつくのとつかないのがあります。実態としてはどちらも同じようなのですが、当初のURLが、http://www.fugourina~というものだったのですが、SSL化後は、https://fugourina~となりました。

https化したうえで、www.を取ることにしたのです。httpのサイトからhttpsの方へはリダイレクトさせることで、どちらにアクセスしても問題なくなったのですが、従来のhttp:www.側にアクセスするとうまく転送されない状態が続いていました。

どのように対応したか?

ロリポップの管理画面を確認すると、メインのドメインがhttp://fugourina~となっており、これをSSL化することで、https://fugourina~となっていました。

加えてサブドメインというものも設定されており、これが、http://www.fugourina~となっていました。www.がついているものがサブドメインとして設定されていたのです。こちらのサブドメインについてもSSL化の設定を行うことで、httpかhttpsかを問わず、www.の有無を問わず、一つのURLに転送されるようになりました。

私はこのwww.の有無の部分でつまずきましたが、この設定の前にリダイレクトの設定が必要になるので、こちらで躓いている方は別途該当記事を探してみてください。

と、偉そうに記載してきましたが、下記のサイトを参考にさせていただきました。

ロリポップでwwwありなしの統一正規化ができない!問い合わせて解決
ロリポップで運営しているWordPressサイトでwwwあり・なしの統一設定がどうしてもできなくてかなりはまりました。結果サポートに問い合わせると原因がすぐに分かり解決できました。備忘...

Google Search Consoleからの警告

何が問題だった?

グーグルサーチコンソールに登録を行ったところ、さっそくエラーが返ってきました。

AMPエラーが出ており、『許可されていない属性がHTMLタグ「amp-img」にあります。』というエラーメッセージが出ていました。

どのように対応したか?

これも色々とサイトを調べていったところ、下記のサイトにたどりついて解消をすることが出来ました。

AMP関連の問題が検出?サーチコンソールに届いた警告に対処した件
AMPはモバイルページを高速に表示させ、ユーザー体験を向上させる技術。これからのSEOには必須の技術です。AMPでエラーが出てしまった場合、どうすればいい? その対処法をお伝えします!

AMPロゴの個所がhttpsではなく、httpだったことが原因だったのか、一度削除してからAMPロゴを新しいものに差し替えることで、エラーが解消されました。

スポンサーリンク

リンクユニット広告が掲載できない

何が問題だった?

他の方のブログを見ているとよく見かける、棒状の広告をリンクユニット広告というのですが、これを設置しようとしたところ、グーグルアドセンス上の設定としては、既に無くなっているということがわかりました。

かなり時間をかけて調べてみましたが、どうやら既に設定が無くなっているというのは正しいようで、私のアドセンス画面を見てもリンクユニット広告の項目は出てきませんでした。

どのように対応したか?

結論からいうと、cocoonのテーマであれば問題なく出せるようで、通常のディスプレイ広告のコードをコピーすれば問題なく使えました。

毎度同じで恐縮ですが、この件については下記のサイトを参考にさせていただきました。

【アドセンス】Cocoonでリンク広告(リンクユニット)を表示させる方法
2020年1月時点で使用しているWordPressテーマ「Cocoon」でリンク広告を表示させる方法があることがわかりました。完全に僕が見落としていただけなんですが、表示させられるようになった記念ということで紹介したいと思います。

縮小されていく方向のようなので、いつまで使用できるかはわからないですが、使用できる間は使用していきたいと思います。

アイキャッチ画像をどうするか?

何が問題だった?

これは特に問題というわけではないのですが、ないととっても味気ない感じになるんですよね。ライブドアブログの際はそこまで気になりませんでしたが、ワードプレスにすると目次のページにタイトルとアイキャッチ画像が表示されるので、テキストだけだととっても味気ない感じになります。

また、このアイキャッチ画像があることで、どんな内容の記事かを簡単にイメージできるようになるため、ユーザビリティが向上すると考えられます。

どのように対応したか?

これもググったらいろんなサイトが出てくるのですが、個人的には下記の2つのサイトを主に使用することで対応しました。

無料画像の素材→pixabay

Attention Required! | Cloudflare

もちろんみんな大好き『いらすとや』を使ってもいいですし、それ以外にも無料画像の素材提供サイトはいくつもあります。

選ぶにあたって決め手となったのは、商用利用可能、許可やクレジット不要、ログイン不要、画像点数が多い、といったところを全て満たしていたためです。どちらかというとイラストチックなものではなく、実際のリアルな写真のような画像が多いです。この辺りはブログのテイストとマッチするかも検討したほうがよいでしょうか。

一方、入手した無料画像の加工については下記のサイトにお世話になっています。

Attention Required! | Cloudflare

基本的には、これで画像の上から文字を書いたりすることが出来ます。また画像サイズに合わせて拡大したり縮小したりということも可能です。

最後に

まぁ、上記のとおり自分一人でどうにか解決したという事項は全くなく、全て他のサイトを参照して遺文の状況に当てはめて使えそうなものを採用するという形で対応しました。

ヒントはそこかしこに落ちているものの完全に自分と同じ状況という例を見つけてくるのに少し難儀したというくらいで、先人の知恵によってほとんどの問題を解決しました。私独自の方法というのはないのですが、この記事がこれからワードプレスでブログを始める方の役に立つことがあればうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました